サイトへ戻る

ハーグ条約

Hague Conventions

2021年9月16日付けで、シンガポールとジャマイカがハーグ条約に加盟したそうです。

ハーグ条約というと「国際的な子の奪取」の条約もありますが、認証についての条約です。

正式な条約の名称は、以下のとおりです。

1961年10月5日の「外国公文書の認証を不要とする条約(略称:認証不要条約)」

The Hague Convention of October 5, 1961 Abolishing the Requirement of Legislation for Foreign Public Documents

加盟により、外国文認証のときに、アポスティーユをつけられるようになりました。

公証役場の後にシンガポール大使館での認証が必要だったのが、省略可能になります。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK